子供の読書


140224(MON)  晴☀  デンデンママの絵日記

小学校の図書室から子供向けお薦め絵本のリストを貰い、
強制ではないが読書感想文の提出を求められている。

近くの図書館から借りられるものを全て借りたが、
ジャンボがどのくらい消化できるか、わからないと思っていたところ、
読書が早く@@; しかも一通り読んでからこれが好きと言う本を選んだ。
つまり、ちゃんと読んで中味を一応理解して、
自分にとって新鮮若しくは心に残ったものをちゃんとわかっている。
すごいじゃないか、こればかりは教え込めるものではない、感性だもの。

デンデンママの子供時代に絵本を読むなんて贅沢な環境はなく、
周りの大人たち子供にお話を聞かせる程度だった。
デンデンママも日本育ちの母親から色々とお話を聞かされて、
頭の中で色々想像していたのを覚えている。
母の愛情をまともに感じられたほんの少しの思い出の一部だ。

そして、日本に来てからは既に思春期に突入する時期で、
絵本を読むなんて贅沢な時間はやはり持てなかった。

子供が出来て、一緒に絵本を読む気になっても、なかなか時間がね~
なにしろ家は旦那が何もしない木偶の坊で、車までママが洗う始末・・・
よそと比べて、デンデンママの時間的な余裕は比較的に少ない。

今、デンデンは手が掛からなくなり、ジャンボも大人しいし、
有難い事に喧嘩や事件を起こすような男の子のタイプでもない。
一緒に本を読めそうな気がするんだw 一緒に読みたいな^o^/




0 件のコメント:

コメントを投稿